赤羽 ピンサロや本サロ アイドルコレクションや本番店

赤羽 ピンサロや本サロ アイドルコレクションや本番店

赤羽 ピンサロや本サロ調査/おすすめのピンサロランキング

 

 

今回は赤羽のピンサロ「アイドルコレクション」や「ギャラクシーネオ」を調査して本サロも見つけてきました。


 

結局、ピンサロではイケずに、割り切りで女性と赤羽で待ち合わせてビジホで3発も本番してきましたので報告します。

 

東京が誇るセンベロの街、それが北区「赤羽」です。

 

孤独のグルメにも登場した「まるます家」やうなぎの蒲焼など、とにかくリーズナブルに料理(や酒)を楽しめるお店が赤羽には沢山集まっています。

 

赤羽駅東口

 

その他、西友やカルビーの本社が赤羽にあり、仕事帰りのサラリーマン達の憩いの街として赤羽は古くから親しまれてきました。

 

そして!男性が多く集まるという事は「ソッチ」系のサービスを行うお店も多い事を意味しています。

 

全盛期の赤羽は「AK流」と言って、ピンサロで本番サービスを行う「本サロ」の聖地として知られていました。

 

赤羽チャンプ

 

そんな「本サロ」として有名なのは、お隣埼玉県の西川口の「NK流」ですが、その西川口エリアで営業していたお店も元々は赤羽のお店であり、東京での条例が厳しくなって県境をまたいで埼玉へと移動し、全国的に知られる様になったワケです。

 

今では本番出来ない「優良店」として、赤羽駅東口を中心に3軒のみ営業が確認出来ています。

 

残っているピンサロはアイドルコレクション、ギャラクシーネオ、チャンプとなっています。

 

今回はそんな赤羽エリアのピンサロ3軒のシステムから人気嬢、更に本番情報まで詳しく調べてみました。

 

赤羽で遊ぶ予定の方の参考になれば幸いです。ナースdaタレント倶楽部は残念ながらコロナの影響で閉店してしまいました。

 

 

赤羽ギャラクシーネオ(GALAXY NEO)」

赤羽ギャラクシーネオ

 

こちらの赤羽ギャラクシーネオもフラ系のピンサロ店です。

 

赤羽に本サロがあった時代、ここは「レインボー」という名前で営業しており、そこそこの人気を誇っていました。

 

その後「ギャラクシー」へと屋号を変えて健全なお店として生まれ変わり、最近「ギャラクシーネオ」へとリニューアルして現在に至ります。

 

赤羽では今最も「アツい」お店として知られており、ネットでクチコミを調べてもなかなかの高評価が並んでいます

 

場所は赤羽駅東口から一番街を抜け、焼鳥屋の扇屋が見えたら右に曲がり、右手にある雑居ビルの6階にあります(駅から徒歩3分位)。

 

同店が以前入居していたビルは1階が受付、2階がブースとなっていましたが、階段が急で危なかったし、待合室も狭かったのに比べ、随分改善されました。

 

とは言っても人気店なので、イベント時なんかは待合室に置かれた椅子位じゃ全然足りませんが。

 

赤羽ギャラクシーネオの女性スタッフ

 

オキニを選ぶと1時間程待つ事もザラなので、外出券を受け取って外で時間潰しする事をオススメします。

 

各ブースはボックス状に囲まれており、その中には比較的大きなベンチシートが備わっています。

 

遮蔽率もかなり高く、周りの視線はほぼ気にならないかと思われます。

 

しかし見えないからと言ってアレコレしようと企てていても、ボーイ氏の巡回がとにかく多いので、そこは最初から諦めた方が良いでしょう。

 

照明はちょっと暗めで、ブラックライトが設置されており、白いモノは全て青白く光ります。音楽はちょっと大きめですがトークが遮られる事はないでしょう。

 

女のコは紺ブレザーのJKコスプレが基本ですが、イベント次第ではバドガールやセーラー服などのコスプレ衣装にチェンジする事があります。

 

現在の在籍は60名程。

 

 

指名ランキングトップに輝くのはNo.78の「椎名」嬢(158センチ B95(G)W56H89)。

 

Gカップ95センチ!のありえない爆乳の持ち主ですが、実際は「シリコン入り」なんだとか…汗

 

顔面の方もリニューアル済みだそうで、かなりカワイイそうです。

 

気前良いわ サービス精神あるわ
2020/02/05 00:34 (https://bakusai.com/

 

サービスも積極的らしく、客が自分好みの「イケメン」だと素股をやってくれる事もあるそうです。

 

そう、あくまでもイケメンに限っての話しですが(汗)

 

まぁ、イケメンに限らず入ったらそこそこ満足出来る女のコなので、初めてのこのお店を利用する人には良いかもしれません。

 

 

赤羽ギャラクシーネオの本番

赤羽ギャラクシーネオ

 

上の方でも触れた通り、各ブースを監視する目的でボーイ氏が定期的に巡回しているので、店内での本番サービスはほぼ不可能かと思われます。

 

しかし「店外」でのサービスについては話は別。

 

あくまでも爆サイのネタなので信ぴょう性については微妙ですが「○○○(←ひらがな3文字)」嬢はアフターにも積極的らしく、ラブホで「本番」に興じた客が数名程、存在する模様。

最近、週一天蓋デート ゴムつけないで中出しするから止められないわ 店に出てる時は一応行くけどね
2020/07/06 22:00 (https://bakusai.com/

思わずその気になる書き込みですが、誰でもOKしてくれるワケではなく、ある程度嬢のツボにハマる人しかダメっぽいです(汗)

 

赤羽ギャラクシーネオの場所はこちらの地図を参考にして下さい。

 

 

(料金)1セット35分 12:00〜17:59・・6,000円 18:00〜20:59・・7,000円 21:00〜ラスト・・8,000円 指名料2,000円 メンバーズ割・学割・団体割各1,000円OFF。他、プレミアムイベント多数。要HP確認。

 

(住所)東京都北区赤羽1-36-7 第3ヒロビル6F

 

(TEL)03-5939-7046

 

引用:https://www.akabane-galaxy.com/

 

 

赤羽ギャラクシーネオを体験

赤羽ギャラクシーネオ

 

東京の北の玄関口と言われている赤羽を久々に訪れる事となりました。

 

今回は仕事でやってきたついでに久々の赤羽を堪能しよう!というワケで、まずは「センベロ」する事に(笑)

 

赤羽には安く飲める良いお店がとにかく沢山あって、どのお店を利用するか正直迷ってしまう程です。

 

酒を軽く飲んで取引先の人へピンサロへ行きませんか?というと興味津々に食いついてきましたが、奥さんと最近関係が良くないらしく

 

「今日はちょっと・・」と帰ってしまい、結局1人での突撃となりました。

 

しかし!行くつもり満々だった「ナースdaタレント倶楽部」が閉店していると聞いてショックを受けます。

 

行列が出来る程の人気店だったのに、やはりコロナ渦には勝てなかったのでしょうか。

 

アイドルコレクションかギャラクシーネオのどちらかで迷います。

 

「どっちもフラ系だしな、、面白みが」と一瞬ピンサロ利用を諦めかける感情が湧いてきましたが、ヌキのないセクキャバで私が満足出来るはずもなく、結局、今最もキテるらしい「ギャラクシーネオ」を利用する事に。

 

ギャラクシーネオ

 

以前のギャラクシーネオがあった場所は駅から徒歩10分程離れた場所で、移動が面倒でした。

 

しかし新店舗は駅から徒歩3分程とアクセスが良くなっていました

 

入店前に「お得情報」を得る為、HPを確認。

 

するとメルマガ登録すると1,000円OFFになる事が判明。即登録します(笑)

 

しかもその日は「7」の付く日(17日)でイベントを行っており、オールタイム3,980円で利用出来るとあって、受付には長蛇の列が出来ていました。(と言っても7人位ですが)。

 

コロナの影響があるのか心配でしたが、通常営業していました。

 

 

なるべく地雷を避ける為に指名しよと思ってましたが、狙っていた女のコだと1時間待ちだと言われて断念。

 

他の候補者についてもかなりの待ちとの返答だったので、仕方なく「フリー宣言」をして3,980円をお支払い。

 

待合室で待っても良かったけど「密」を避けたいので外出券を発行してもらって外で時間を潰して再び戻ってきたら、スムーズにご案内となりました。

 

以前のレインボー時代とは違って、店内はキレイになっています。

 

ブースに設置されたロングなシートが良い感じ。これなら問題なく「69」が堪能出来そうです!笑

 

フリー宣言していたので嬢のクオリティが心配でしたが、やってきたのは20代前半と思しきなかなかカワイイ女のコでした。

 

セーラー服姿がまた可愛くて、思わず私もニンマリ(笑)

 

軽い挨拶を交わしますが、まだ新しいコなのか?視線も合わさず、わずかの言葉のやり取りでも感じる「微妙」な空気感・・。

 

「これはヤバいかもしれんね」などと考えていると、女のコが膝の上の乗ってきました。

 

軽く抱き合いDキス。問題なく応じてくれます。

 

お次におっぱい。触った感じはDカップ程度か?こちらも嫌がる素振りを見せません。合格(笑)

 

そして最後は「下」。

 

手をのばすと「今日はアノ日なんで」と鉄壁のセリフを私に浴びせてきました。

 

もうロングシートなんて要りません。一瞬このまま帰ろうかとも思いましたが、女のコが既に脱衣していたし、投資額も安かったので諦める事に・・。

 

何とか気持ちを切り替え、今回はオッパイ中心に堪能する事に。

 

なかなか形の良いオッパイをちゅーちゅー。

 

下が触れないので密着度はいま一歩でしたが、相手の女のコもなかなか頑張ってくれて、何とか愚息の硬度を保つ事が出来ました。

 

フェラテクはバキュームこそ効いてますが、細かい所はまだまだ発展の余地あり。

 

フェラだけだとイケずに、終了となりました。

 

最近はデリヘルや割り切りで本番ばかりしているのでピンサロじゃ中々いけないようです。

 

帰りは飴玉を口移ししてもらい、名刺をもらってバイバイとなりました。

 

うーん、女のコは決して悪くなったけど、下は触りたかった・・。やっぱり指名でケチると何かしら問題が出てきますね・・。

 

再訪はおそらくフリーだったならナシですね。

 

 

 

赤羽で割り切りで21歳の女性と待ち合わせ

 

 

結局ピンサロで満足できなった私は割り切りで素人を探すことに。

 

出張中にエロいことしかしていません(笑)

 

出会い系で割り切り募集していた小芝風花似の21歳の専門学生と20K(ホテル代別)で待ち合わせました。

 

見た目はエロいことなんて興味なさそうな清楚な女性でした。

 

スマホでこっそり彼女を撮影

 

利用したのはワクワクメールで30分ほどで赤羽で待ち合わせに漕ぎつけることに成功!!

 

少し居酒屋で飲んで、コンビニでコンドームを購入し、宿泊先のビジホに連れ込みました。

 

 

2時間でトータル2回戦ヤリまくって、満たされたのでした(笑)

 

余りの良さに「こんな事なら最初から割り切りにしとけば良かった!」とも思いましたが「ピンサロ利用していなければ、小芝風花(似)とも会えてなかったかもしれない!」と自分に言い聞かせ、帰路につきました(笑)

 

 

20Kで3回もハメて、お願いしてアソコの写メも撮っておきました。

 

彼女は飲食でバイトしているようですが、コロナの影響で勤務時間も少なく、ピンチの時だけ月に1度ぐらい割り切りで男と会っているとの事でした。

 

あまり経験がないようなのでアソコも無味無臭だったのは良いですね。

 

 

利用したサイト

ワクワクメールの公式サイト



 

初回登録時に1000円分もポイントが貰えるので割り切りの女なら一人ぐらい会えます

 

 

 

 

赤羽アイドルコレクション

赤羽アイドルコレクション

 

赤羽アイドルコレクションは「フラ系」グループの店舗であり、以前は「キューティーン」として営業していた正統派学園系ピンサロ店です。

 

屋号変更や入れ替わりが激しい赤羽のピンサロ業界にあって、同じ場所で比較的長く続いているお店であり、「赤羽のピンサロはココ」と言われる程の地位を確立しています。

 

場所は赤羽駅東口から徒歩1分となる雑居ビルの地下1階にあり、向いには目印となる「ダイワロイネットホテル東京赤羽」があり、初めての人でも迷う事はないでしょう。

 

そして昼夜でも入りやすく、恥ずかしがり屋さんでも問題なく入店出来るはずです。

 

すると如何にも「フラ系」と言えるボーイ氏が笑顔で出迎えてくれます(笑)

 

店内にあるブース数は全部で10位となっています。

 

しかしフラットシートが備え付けられた内部はかなり窮屈であり、テーブルもあるので系列店では最小レベルと言っても良いかもしれません。

 

赤羽アイドルコレクション

 

遮蔽率は比較的高いのですが、フラ系のお約束でボーイ氏の巡回が多く、狭さもあって色々な事を試みようとする気持ちは起きないでしょう。

 

現在の在籍は48名程。

 

赤羽アイドルコレクション

 

在籍の大半は20代前半となり、とにかく若いのが特徴ですが、フリーで入ると地雷嬢を充てがわれるので要注意です。

 

人気嬢は正統派美少女として知られている「山下」さん(20歳 152センチB88(D)W58 H84)。

 

私も入った事ありますが、クチコミ通りの可愛さで、スリーサイズもほぼ表記通りです。

 

山下りお レポ 顔は可愛い。身長やスリーサイズは、表記通り ただ、腹回りは油断があり、スレンダーとは言えないが、デブでもない。胸は大きく張りもある。乳首はやや黒いがサイズ感はちょうどいい。 乳首の生毛が気になった。プレイ内容だが、キスは初めはライトな感じでだんだんと激しくなり、しっかりディープしてくれる。唇はプルプルで口臭もない。下も自ら脱ぎ、手マンで喘ぐ。パイパンではないが、綺麗に処理されている感じだ。
2020/06/21 02:15 (https://bakusai.com/

個人的に気になったのは、トーク力。あくまでも仕事ですと言った感じで、淡々とこなしているのが気になりました。

 

それと私はそんな事ありませんでしたが、案外人を見てサービス内容を変えている模様で、特に不潔な人だと69やクンニ、手マンを拒む事もあるそう。

 

りお嬢の指名を考えている人は、身なりを清潔に整え、歯磨きを入念に行ってから突撃するようにしましょう

 

 

赤羽アイドルコレクションに本番嬢はいるのか?

 

大手ピンサログループとなるフラ系グループ店舗なので、さすがに店内での本番をするのは巡回が多いので無理でしょう。

 

爆サイで一時「店内で本番をヤッてるのでは??」と騒がれた事がありましたが、実際はリアルに近い「素股」という事が判明。

 

(上手いのは矢野・式波嬢の2名)。

 

本番ヤりたいならこのお店というより、ピンサロは利用しない方が良いです。

 

本番がしたいときは出会い系で割り切りの女性とハメるのが一番確実です。私も毎度してますが…

 

アイドルコレクションの場所は

 

 

(料金)ノーマルコース30分6,000円〜 セミロング45分9,000円〜 ロング60分12,000円(時間により異なる) 指名料2,000円〜4,000円(コースにより異なる)メンバーズ割・学割・団体割・日記割など割引特典多数存在。要HP確認。

 

(住所)東京都北区赤羽南1-6-8 B1

 

(TEL)03-5939-7832

 

引用:http://akabane-icolle.com/

 

 

 

 

 

 

赤羽「CHAMP(チャンプ) 」

赤羽ピンサロ界において、もっとも料金が安いお店です。

 

何しろ1セット3,000円(注:割引適応)で「2回転」もするのですから!

 

安くて沢山の女のコとイチャイチャエッチが楽しみたい!って人向けのお店です。

 

ただし、安い分、クオリティに関しては上位2店舗には及ばないかもしれませんが(汗)

 

ただしフラやナック系などの大手に負けないサービスを提供しよう!とする姿勢は評価されるべきでしょう。

 

比較的新しいお店で、場所は赤羽駅東口を出て、ロータリーから2ブロック目となる右手のビルの地下1階です。

 

木製の水色ドアを開くと店内は真っ暗(汗)

 

ボックスシートは全部で7つ。

 

黒いクッションの薄いビニールシートが備え付けられ、テーブルが置かれています。

 

遮蔽に関しては、店内が真っ暗なので余り他者の視線は気にならないかと思われます。

 

女のコは現在21名程が在籍している事になってはいますが、実際は出勤している女のコがとにかく少なく、時間帯によっては2人だったり、最悪1人で回している事もあるそう(汗)

 

クオリティにもバラツキがあり、1人当たりでも残る1人は「ハズレ」であると思ってた方が良いです。

 

出勤が1人しかいない場合は回転ではなく「マンツー」となる事もあるそうなので、花びら回転系を重視する方は前もって電話で確認した方が良いかもしれません。。

 

そんな厳しい状況の中、人気を誇っているのが「あみ」嬢(152cm B89cm(E) W59cm H86cm)。

 

ルックスに関しては人それぞれ感覚が異なるので何とも言えませんが、サービスの方はかなり頑張ってくれますよ。

最近行ったけどあみちゃんは相変わらずサービス良かったよー
2020/02/22 15:24 (https://bakusai.com/

サービスが良いとは言ってもさすがに基盤は不可ですが、内容が知りたい人は直接入って確認されてみてください(笑)

 

このお店の難点は「ホームページ」の内容がアテにならない点。

 

更新頻度が少ないのか?希望の女のコがスケジュール上では出勤予定となっていても、実際はお店に出てきていないなんて事も(汗)

 

気になる人は最初に電話確認して出向いた方が良いかもしれません。

 

赤羽チャンプに本番嬢は存在するのか

赤羽ピンサロ界では「穴場」とも言える同店ですが、残念ながら店内で本番サービスは行っていません(当たり前です)。

 

実際私も何度か利用していますが、アタリ嬢に当たっても限度は「素股」位で、本番なんて出来ませんでした。

 

しかし!ネットを調べていると、何とも怪しい情報がチラホラ・・。

 

(料金)1セット30分 12:00〜17:00・・5.000円 17:00〜21:00・・6.000円 21:00〜24:00・・7.000円 指名料2,000円 (注:シングル・ダブル同一料金)

 

(住所)東京都北区赤羽1-3-7大沢ビル地下1階

 

(TEL)03?5939?7171

 

 

赤羽の本サロを調査!

かつての赤羽では「AK流」と言って本サロが沢山ありました。

 

しかし度重なる摘発により壊滅。

 

令和を迎えた現在、赤羽に「本サロ」は存在しないという事になっています。

 

しかし!ないハズの本サロのウワサをちょくちょく耳にする事があるんですよね〜。

 

私も最初は都市伝説的な感じで受け止めていましたが、ちょいちょい耳に入ってくるモノだから、これはもしや!?と調査に乗り出したワケです。

 

聞き込みを進めてみると、どーやら本当に本サロが存在している事が判明しました。

 

現在赤羽に現存するピンサロは3軒のみ。仮に現存するならその中の1軒が「本サロ」という事になりますね。。

 

その中の1軒とは!「○○○○」です(笑)

 

ヒントというワケではありませんが、そのお店の特徴として

  1. 女のコの質にバラツキが多い
  2. 3〜40代の熟女が複数働いている
  3. 地下1階にある
  4. 店内暗い

コレくらいで勘弁してください(汗)

 

私も何度か利用した事ありますが、運悪く本番出来ませんでしたが、私の友人が利用した時に運良く慣れたそうで!

 

コミコミ1万円程で某お笑い芸人似の熟女とゴム付きセックスがヤレたそうです!

 

クオリティに関してはガクっと落ちてしまいますが、ストライクゾーンが広い人や、とにかく穴があれば良い!っていう猛者の方にはオススメ出来るかもしれません。

 

私は誰でも良いワケではないので、もし話があったとしてもご遠慮するかもしれませんが・・(汗)

 

 

 

 

 

赤羽ピンサロまとめ

かつての赤羽は飲んだくれとギャンブラー、そして「エロ」の三拍子揃った巨大な盛り場として有名であり、間違っても若者が近寄る場所ではありませんでした。

 

しかし令和を迎えた現在、その図式も崩れ去ろうとしています。

 

いくつもの路線が乗り入れる北区のターミナル駅「赤羽駅」のアクセスの良さ、独特の雰囲気をまとったディープさ、物価の安さがウケて「住みたい街ランキング」で20位圏内に食い込んでいるのですから・・あの赤羽が!オジサンの私からすれば信じられない話しです。

 

確かに基本的な事は特に変わっていません。しかし再開発で町並みも随分キレイになりましたし、違法風俗店も一部を残して消えてしまいました。

 

昭和と平成が入り混じった如何にも「赤羽」といった景観も含め、人を引きつける何かがこの街には確かに存在します。

 

人情味溢れるセンベロ横丁、そして色々楽しいセクキャバ店の数々。

 

もうこれだけで赤羽を十分漫喫する事が出来るハズです。

 

今回は触れていませんが、赤羽のセクキャバは本当に面白くて、メニューにはない「特別サービス」が色々存在します。

 

本当の「AK流」の残党はセクキャバにこそ残っていると言われている程!この事は今後機会があれば触れてみたいと思います。

 

それと見逃せないのが素人女性の「割り切り(援交)」活動。

 

赤羽も最近は若い人が多く住んでいる事もあって、お金に困ってる若い女のコ達がハッピーメールやワクワクメールなどの出会い系で募集しているのを目にします。

 

当然地雷や業者も紛れていますが、新宿・池袋エリアに比べてまだまだ少ないです。

 

私が今回遊んだ小芝風花似のギャルが登場するなんてのも決して珍しい事じゃないです。

 

セクキャバじゃ満足出来ない!なんて人は出会い系を攻めてみるのも「アリ」かもしれませんよ!?

 

 

最近、更新した記事です。多目的トイレで可愛い主婦と格安でハメ撮りしてきました。


素人と多目的トイレでセックスしてきました!最近の素人は本サロより安く短時間でヌケます。

 

 

赤羽ピンサロ まとめ

赤羽のピンサロ

 

赤羽のピンサロの歴史についてちょっと触れてみましょう。

 

現在の赤羽駅がある場所は元々埼玉県であり(当時は浦和県)、宿場町とかでもなく、単なる集落に過ぎませんでした。

 

しかし1885年(明治18年)3月に赤羽駅が敷設され交通の要所となり、次第に発展していった事から1871年(明治4年)に東京都北豊島郡に編入され、1932年(昭和7年)に現在の東京都王子区(現在の東京都北区)へと組み込まれ、今に至ります。

 

それと前後して赤羽周辺の丘には軍隊の本拠地(近衛工兵大隊、第一師団工兵大隊)や被服本廠、陸軍火薬庫などの軍事施設が東京都心部から移転してきました。

 

それら施設で働く人々が赤羽にやってきた事で、商店街や住宅地が整備され、商業も発展。国鉄赤羽駅と路面電車の赤羽駅を結んでいた「赤羽銀座通り」は多くの人が行き交い、大いに賑わいます。

 

しかし軍事施設が集中していた赤羽は当然の如くアメリカさんから目をつけられ、B29の集中砲火を浴びてしまいます。

 

焦土と化した赤羽でしたが、戦後駅周辺にはヤミ市の「復興会商店街」が形成され、買い物客で賑わいました。

 

その復興会商店街が後の「一番街」となり、今に至ります。

 

風俗街としての赤羽の歴史ですが、1926年(大正15年)、弁天通りに面した一画に製糸工場がありましたが、関東大震災で倒壊。

 

再建される事なく空き地として放置されていましたが、そこが「二業地(茶屋や置屋を置く事を許可したエリア)」として指定され、芸妓置屋や料理屋が次々とオープン。

 

顧客は主に陸軍で働く将校クラスのお偉いさんと、川口の鋳物工場の社長さんなどの金持ち連中でした。

 

全盛期の昭和16年には芸妓数は100名を超えていたと記録に残っており、かなりの盛況だった模様。

 

しかし戦局が悪化して営業停止。戦後焦土と化した赤羽でしたが、日本へ進駐してきた連合軍兵士の強姦などの性暴力を防ぐ為に「RAA(特殊慰安施設協会)」という慰安所が日本政府によって短期間設置され、赤羽にあった料亭がRAAの施設として使われ(赤羽会館 赤羽キャバレーとも)、GI達で大いに賑わったそうです。

 

1946年3月26日にRAAが閉鎖された後、それまで大いに賑わっていたキャバレーから一気に客が引いてしまいます。

 

GI相手の商売は出来なくなってしまったので、次に目をつけたのが「日本人男性」。

 

昭和29年頃から日本は高度経済成長に突入、好景気に湧きます。

 

キャバレーやピンクサロンが多数出店した事から次第にサービスも過激化。

 

昭和から平成にかけて赤羽にも本番サービスを提供する「本サロ」が多数出店。

 

サービスも過激化の一途を辿りましたが、2005年の一斉摘発により違法風俗店の大半が消滅

 

西川口の本サロと同じ運命を辿る事となりました。

 

大半のお店は摘発されて終了してしまいましたが、一部はデリヘルとなったり(赤羽のデリは人妻系が大半)、セクキャバなどへ業種転換を余儀なくされます。

 

しかし一部のピンサロはしぶとく生き残っていましたが、年々その数も減少。

 

現在は3店舗が残っている状況なんですね。

 

 

 

ピンサロ本番

 

トップへ戻る